[Rookie League]残留ではなく“全国が目標”。帝京三が矢板中央を1-0撃破

No image

[4.29 Rookie League AGroup第1節 帝京三高 1-0 矢板中央高 時之栖うさぎ島3]

関東・静岡の強豪18校の1年生が個人・チームの成長と優勝を目指して戦う「2018 Rookie League」が29日に開幕。A Groupの帝京三高(山梨)対矢板中央高(栃木)戦は帝京三が1-0で勝った。

昨年は7位で残留を果たした帝京三が同3位の矢板中央を破り、好スタートを切った。帝京三は前半21分に右SB島田善のアシストからFW渡邉彩永が先制ゴール。右サイドのMF大堀諒が良くタメを作り、突破口にもなっていたほか、何度もサイドを駆け上がっていた右の島田と推進力ある左の佐野大樹の両SBの攻め上がりなどを交えてサイドからチャンスを作り出す。

30分過ぎには「自分は身体が小さくて他の選手よりスピードもない。その分、テクニックとか出したい。チーム全体を真ん中の選手としてコントロールしながらゲームをつくって、1試合通してゲームの支配者になりたい」というMF平野元稀主将のクロスから、左MF浅田瑠星が左足ループシュート。ポストを叩いた跳ね返りを渡邉がフリーで押し込もうとする。

ただし、このシーンはキャプテンマークを巻いたCB坂本龍汰やGK高田翔太ら矢板中央の守備陣が執念のクリア。この後も大堀の突破からMF松本夏槻が決定的なシュートを放つなどチャンスを作った帝京三だが、課題の決定力不足が出てしまい、2点目を奪うことができない。

一方、矢板中央はレフティーのMF小川心が存在感。右サイドから中へ潜り込んでの左足パスで相手の背後のスペースを突いていく。そして後半にはゲームメーカーのMF三河和矢にボールが集まりだし、そこからの縦、サイドへのパスで矢板中央が巻き返した。

だが、気合十分で戦う帝京三は押し込まれても各選手がしつこい守りを徹底。父・祐治さんが帝京三の選手権初出場メンバーだという平野は「ここ1か月の練習試合では先制しても最後、自分たちの弱さである失点をしたりして勝てなかったりして大分みんな気合も入っていた。メンバーに入れなかった選手もいる中で全員がそいつらのために戦うという面ではいつもとは違う責任を持ってやっていました」と振り返る。GK福島大翔やDFリーダー・川野大治らの好守もあって、1点リードを守りきった選手たちを新村知仁コーチは「後ろがよく耐えてくれました」と讃えていた。

平野は「残留という目標ではなくてルーキーの全国(2枠)に出るという目標を頭に入れながら戦っていきたい」ときっぱり。近年はA Groupの残留争いやB Groupでの戦いを強いられてきた帝京三だが、今年は必ず上位に食い込む。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

2018 Rookie League特集ページ

ページ上部へ戻る